読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典

【読書】 福沢諭吉 『学問のすすめ』

『学問のすすめ』を読了。思っていたより読みやすく、短かったです。学問のすすめは有名な序文『天は人の上に人を作らずー』しかしらず、ちゃんと読まなければと思いつつも放ったらかしていました。青空文庫等で読めます。 学問のすすめ 作者: 福沢諭吉 発売…

【読書】堀田善衞 『定家明月記私抄』

2016年最初の読書は藤原定家の日記『明月記』を堀田善衞が抄訳したものから。 藤原定家といえば平安末期から鎌倉初期の歌人で、小倉百人一首の編者として有名です。 定家明月記私抄 (ちくま学芸文庫) 作者: 堀田善衛 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1996…

【読書】小西甚一 『古文研究法』

古典を現代語訳でなく原典で読みたいと思っていました。中学、高校における古典の授業では成績はまぁ、悪くはなかったのですが、すっかり単語や文法も忘れてしまっていました。フィーリングで読めるだろうとタカをくくっていたのですが、しっかりとは読みこ…

【読書】白洲正子 『西行』

この本はずっと積読されていた本でした。この本を買ったのは2、3年前なのですが、その当時、何を思ってこの本を買ったのか今では思い出せません。この本を購入後にNHKの大河ドラマで平清盛をやっていましたが、ドラマの中で西行は藤木直人さんが演じていら…

第一回 平安美文字選手権

書店に行くとずらっと並んでいる『美文字』本。パソコンの使用で文字を書くという機会は減ったものの、まだまだ字を書く場面は多いはず。そんなとき、自分の字がもっとキレイだったらと思う人は多いはず。今日は、平安時代に生きた人々の文字を見比べて美文…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...