読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書】河合隼雄 『猫だましい』

  猫が表紙の本です。かわいくない猫ですが、猫は猫なので本書を読んでみることにしました。

 

猫だましい (新潮文庫)

猫だましい (新潮文庫)

 

 

 この本は猫好きな河合隼雄氏が猫の出てくる本を紹介しつつそれにまつわる精神分析学的な話を盛り込んでいくという作品。いきなりエジプトのバステトについて語りだし、そこから日本と海外の猫の取り扱いの違いについての考察がはじまります。話題になっているのは

 

『猫語の教科書』でおなじみのポール・ギャリコ氏の『トマシーナ』や

トマシーナ (創元推理文庫)

トマシーナ (創元推理文庫)

 

 谷崎潤一郎の『猫と庄造と二人の女』

 

猫と庄造と二人のおんな (新潮文庫)

猫と庄造と二人のおんな (新潮文庫)

 

 

 佐野洋子さんの『100万回生きたねこ

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

 などほかにも数冊。ポール・ギャリコ氏の『トマシーナ』は未読なのでさっそく購入しました。猫の表紙ですしね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...