読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書】大崎 梢『平台がおまちかね』

 Sony電子書籍ストアで購入。とある漫画家さんのオススメでした。

 

 大学を卒業し、明林書房という中堅出版社の営業に就職した「ひつじ君」こと井辻君。営業の仕事で本屋さんを回る日々。 本を通して起こるちいさな事件を井辻君が解決していくというお話です。本屋に並べた本が勝手に移動したり、大賞を取った作家が授賞式からいなくなったり、本屋がつぶれたり・・・井辻君の華麗な事件解決はややもすると都合が良すぎやしないかい?と思えるほどです。

 原作者の大崎さんは元書店員だそうで、作中の書店員さんと出版社の営業さんとのやりとりは内情を知らない私からすれば、へぇと思うところがたくさんありました。本屋さんに行った際にはそえぞれの出版社の棚をもっと詳しく見てみようかな、と思わされます。

平台がおまちかね (創元推理文庫)

平台がおまちかね (創元推理文庫)

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...